非常食は何日分どんな食品を備蓄すべき?初めて準備する人にも分かりやすく解説

かぞくの防災
備蓄したい主婦
備蓄したい主婦

非常食ってどんなものをどれくらい準備したらいいのかな?

この記事は、そんな疑問に答えます。


いつやってくるか分からない災害に備えて準備しておきたい非常食。

でも、いざ準備しようとすると、いったい何日分どんな食品を入れるべきなのかピンと来ないという方もいるのではないでしょうか。

なぎさ
なぎさ

かつての私も、何を準備すべきか全くわかりませんでした


今回は、非常食は何日分どんな食品を準備すべきなのか、初めて非常食を準備する人にも分かりやすく解説していきます。

この記事を読めば、非常食を備蓄しておくための重要なポイントが分かります。


非常食は何日分準備する必要があるの?

非常食は何日分準備する必要があるの?
備蓄すべき非常食の日数

最低3日分、なるべく1週間分

その理由を以下詳しく説明していきます。

なぜ最低3日分?

なぜ最低3日分?

「最低3日」というのは、支援物資が手元に届く体制が整うまでかかる日数、水道や電気といったライフラインが復旧するまでの日数にあたります。

災害が発生すると、スーパーやコンビニは閉まってしまいます。

仮に運よく開いていても、すぐに行列ができて売り切れてしまい、食料を入手できないということも起こりえます。


スーパーやコンビニで食料を入手できなかったとしても困らないように、3日分の非常食は必ず備蓄しておきましょう。

1つ1つ買いそろえるのが大変な場合は、通販やホームセンターで非常食セットを購入するのが便利です。


非常食をできれば1週間分備蓄しておきたい理由

非常食をできれば1週間分備蓄しておきたい理由

ただし、東日本大震災のような大規模な災害が発生した場合、3日間で救助体制やライフラインが復旧せず、避難生活が長引くこともあります。

そうなると3日分の非常食では、避難生活の早い段階で確実に食料不足になってしまいます。

実際に、政府も過去の災害のデータから「『1週間分』の備蓄が望ましい」と述べています。


災害当日の「持ち出し用」非常食は何日分?

災害当日の「持ち出し用」非常食は何日分?

災害発生時に持ち出す非常食の量は1日分です。

災害が発生したら、必要な荷物をさっと持ち出して安全な場所に避難する必要があります。

そのため、災害発生時すぐに3日~1週間分すべての食料を持ち出すのは困難なのです。


災害発生時すぐに持ち出す非常食・物品のことを「一次持ち出し品」といいます。

「一次持ち出し品」は、あらかじめ持ち出し用のリュックサックにまとめておき、自宅の玄関や寝室など分かりやすい所に備える必要があります。

なぎさ
なぎさ

一次持ち出し品の重量は、非常食・その他物品を合わせて約10㎏まで!

一次持ち出し品の非常食として入れておくべき食料は以下のものになります。

一次持ち出し品の非常食(1人あたり)

 

  • 水(500ml×3本)
  • そのまま食べられる食品3食分
    (チョコレート、栄養補助食品、魚肉ソーセージ、缶詰など)

3日~1週間分の非常食の残りは、避難先で一度安全を確認した後に家から持ち出し、救援物資が届くまでの期間を過ごすための「二次持ち出し品」として備蓄しておきます。

また、食品を温めたり簡単な調理をしたりするのに熱源が必要なので、カセットコンロとボンベも合わせて準備しましょう。

二次持ち出し品の非常食(1人あたり)

 

  • 水(1日3Lが目安)
  • 食料(9~21食分程度)

ローリングストック法で賞味期限切れを防ぐ

ローリングストック法で賞味期限切れを防ぐ
備蓄したい主婦
備蓄したい主婦

非常用のレトルトカレー、賞味期限から1年経ってた…

非常食3日~1週間分というのは、いざ準備してみるとかなりの量。

せっかく用意したのに、気づいたら賞味期限切れ…というのは悲しいですよね。

なぎさ
なぎさ

私も、非常用にとっておいた好きなレトルトカレーを賞味期限2年経過してから見つけて悲しくなったことがあります…

そうした事態を避けるためにおススメしたい方法が、「ローリングストック法」です。

水や日持ちする食料を普段から少し多めに購入し、古いものから食べて食べた分だけ補充するという方法で、政府も推奨しています。

ローリングストック法(写真ACより引用)

この方法を使えば、食べなれているものを無理なく無駄なく、鮮度を保ちながら備蓄し続けることができるようになります。

実際、現在の私もこの方法で、非常用の食品を確保することができています。

備蓄したい主婦
備蓄したい主婦

これならできそう!

なぎさ
なぎさ

確実に食料を備蓄しておくためにも、無理なくできるというのは大切!


非常食、どんな食品を備蓄すべき?

非常食、どんな食品を備蓄すべき?

非常食を選ぶうえで重要となるポイントは以下の3つです。

非常食を選ぶポイント
  • かさばらず、軽いものを選ぶ
  • 好きなものを選ぶ
  • 栄養バランスも考慮する

かさばらず、軽いものを選ぶ

かさばらず、軽いものを選ぶ

持ち出し用のリュックサックには非常食以外にも入れなければならないものもあり、非常食だけで一杯になってしまうという事態は避けなければなりません。

リュックサックの容積も考えて、かさばらず、軽いものを選ぶことが重要です。

かさばらない、軽いものの例
  • フリーズドライ食品
  • インスタント味噌汁
  • アルファ化米
  • カロリーメイト
  • レトルトパウチ食品

好きなものを選ぶ

好きなものを選ぶ

災害時は、普段よりも不安やストレスにさらされやすくなります。

避難生活中のストレスを少しでも減らすためにも、非常食の中に好きなものを入れることが重要です。

また、甘いものはストレス低減だけでなく、脳に不可欠なブドウ糖を供給する大切な役割も果たしてくれます。

なぎさ
なぎさ

普段食べなれた大好きなものを入れておきましょう!

避難生活中にもささやかな楽しみは必要です。


栄養バランスを考慮する

栄養バランスを考慮する

栄養バランスが偏った食事はさまざまな健康障害の原因になりますが、避難生活中は、普段よりも栄養バランスの整った食事を摂ることが難しくなります。

なぎさ
なぎさ

災害直後は炭水化物に偏りがち…

実際に東日本大震災後でも、避難生活を送る人々が必要な栄養素を摂れるようになるまでにかなりの日数を要したといわれています。

避難生活中は病院へ行くことや薬を処方してもらうことは難しいので、栄養バランスを考慮した非常食で、体調を管理することが重要です。


栄養バランスを整えるために入れておきたい非常食の例を以下で挙げておきます。

たんぱく質が摂れる非常食の例
  • さば缶
  • さんま蒲焼き缶
  • ミックスビーンズ
ビタミンが摂れる非常食の例
  • ビタミンが強化されたゼリー飲料
  • 野菜ジュース
  • ドライフルーツ
  • 果物の缶詰
ミネラル(カリウム・カルシウム・亜鉛等)が摂れる非常食の例

  • ドライフルーツ
  • のり
  • ビスコ(カルシウム・ビタミンが多く配合、5年保存できるものもある)
  • レバー缶
なぎさ
なぎさ

これらをうまく組み合わせましょう!


非常食は何日分どんな食品を備蓄すべき?初めて準備する人に分かりやすく解説 まとめ

非常食は何日分どんな食品を備蓄すべき?初めて準備する人に分かりやすく解説 まとめ
まとめ
  • 非常食は3日~1週間分備蓄しておく
  • 3日~1週間分の非常食のうち一次持ち出し用は1日分、残りは二次持ち出し用
  • ローリングストック法で無理なく無駄なく備蓄を
  • 「軽くてかさばらないもの」「好きなもの」「栄養バランスを考慮したもの」を選ぶ

これまで「非常食を備蓄しておくのが面倒臭い…」と思ってきた方も、ローリングストック法なら日常の買い物+αで済むので、手軽に実践できるかと思います。

また、非常食を選ぶポイントも実は意外とシンプルなので、非常食の備蓄はそれほど難しくないのです。


本当に災害はいつ起こるか分かりません。

災害発生後、健康を維持しながら生き抜いていくためにも、非常食はしっかり準備しておきましょう。

なぎさ
なぎさ

日ごろの備えがあなたや家族の命を救います!


タイトルとURLをコピーしました